危険因子

高血圧と薬とガイドラインの詳細

高血圧治療においてある程度のガイドラインが設定されていることをご存知でしょうか?
そのガイドラインを日本高血圧学会が定めており、治療にはそのガイドラインに沿い診断、治療を行っているのです。

2014年4月にガイドラインの改定が為され、今まで高血圧の診断基準は140/90mmHg以上だったのですが降圧目標値が130/85mmHgから140/90mmHgと変更されています。
これも緩和と言うよりは高血圧治療の介入試験が目標値を達成できないことからの変更だったみたいですね。
一部に人においては降圧目標が下がっているようですが、それは他に病気を患ってはいない健康な人のみで今飲んでいる薬を減らしていいわけでは無いと医師の方も仰っています。

その薬も主要降圧薬からβ遮断薬がはずされ、Ca拮抗薬、ARB、ACE阻害薬、少量利尿薬の四種類が第一選択薬とされています。
β遮断薬が除外された理由は血糖上昇に伴う糖尿病励起作用が危惧され、糖代謝障害作用、臓器障害抑制や中心血圧低下効果の減弱などにも理由はあるようですね。
こういったガイドラインから医師は私達にとって最善の高血圧治療を考え、一緒に治療を考え安心の出来る治療を目指しているんですね。

このページの先頭へ