危険因子

高血圧とこわい合併症の詳細

高血圧になると何が怖いかというと、合併症が併発し更には死にまで至る可能性があると言うことです。
合併症の中には普段良く聞く名前として脳梗塞、心筋梗塞、心不全等が挙げられます。

実際にそれらがどんな病気なのかというと、脳梗塞は脳の動脈硬化が進み、血液の巡りが悪くなってしまう病気です。
更には脳出血を引き起こし失語症や神経麻痺を引き起こす、かなり危険な病気です。
心筋梗塞は心臓の筋肉へと繋がっている血管が詰まり、酸素や栄養を阻害し血液が送り込まれなくなってしまう病気です。
こちらも同様に動脈硬化が原因となり、血管が破れ流れ出た血が血栓となっている事が多いようです。

それらの合併症ように高血圧は動脈硬化を促し、合併症を引き起こしてしまうんです。
特に高血圧は初期症状が分かりづらく、症状が出た時には取り返しの付かない事態になっている事も多く静かに着実に動脈硬化を進行させるのです。
なので、高血圧の疑いがあるようであれば早いうちに病院で医者に相談するのがいいでしょう。
治療せずに放っておくことで病は進行し、命にかかわる可能性もあります。
なにより自覚症状の薄い病気なので、本人の合併症に対する認識をしっかりと持ち発症を抑えることが大切です。

このページの先頭へ