危険因子

高血圧と危険因子の詳細

高血圧と危険因子については様々な要因が考えられるでしょう。
一番の原因は塩分の摂り過ぎです、塩分は気をつけないと簡単に血圧を上げてしまうので注意が必要です。

その他の要因として肥満、運動不足、喫煙、その他の病気との併発が大きく関わっており、普段の生活で改善できる部分は改善した方がいいでしょう。
その他の病気の併発として糖尿病がありますが、糖尿病の人が高血圧になる可能性は常人の2倍と言われており、高血圧と併発してしまうと動脈硬化を更に進めてしまう事がわかっています。

肥満も大きな要因の一つで、日頃継続的な運動を心がけるだけで改善できることから医師も初期症状では運動療法を推し進めています。
喫煙ですが、煙草は身体に良くはないのが当たりまえで、癌などのとても深刻な病気を引き起こす可能性もあり、高血圧を治療する上では禁煙は前提条件となるでしょう。
最近では禁煙の方法もいくつかありますので難しいようであれば禁煙外来も視野に入れる事をお勧めします。

以上のように危険因子を正しく知ることで高血圧を緩和、予防していけるのではないでしょうか。
幾つかは自身の生活習慣の改善で防げるものばかりなので気をつけていきたいですね。


このページの先頭へ