危険因子

高血圧とメディカルアロマテラピーの関係

高血圧の治療と考えると病院に通い、医者にかかり薬を飲んだり自己改善を目指すのが一般的ですが、皆様はメディカルアロマテラピーと言う言葉をご存知でしょうか?
アロマテラピーと聞くと室内でのリラックスを目的としたインテリアに近い形で花やハーブで癒やしを得る事を思い浮かべると思います。

メディカルアロマテラピーとは香りだけでなく、精油というオイルを用いた代替医療なのです。
精油を使うことで調子の悪い体やストレス、病気とは認められてない症状を改善することを目的としています。
日本ではまだまだ馴染みの無い言葉に思えますが、マッサージやリラクゼーションと聞くと耳に覚えがあるのではないでしょうか。

オイルを直接体に塗りこんで、直接本人の自然治癒力を高めていくのが目的の一つで、高血圧はストレスや不安感からも症状が出るので、生活の一部分にこういったメディカルアロマテラピーを用いることで自律神経の安定をもたらし、生活習慣の改善やストレスの軽減の効果が得られるのです。
こういったアプローチの仕方でも高血圧に有効な治療を行えるんですね。
もし興味のある方は一度医師と相談した上でメディカルアロマテラピーを体験してみるのはいかがでしょうか?

このページの先頭へ